温かいお味噌汁

料理のカギを握る

味に深みを出す

豆腐の味噌汁

料理というのは世界中で共通する部分であり、それぞれの国によって味付けや味の好みが違ってきます。日本の場合、世界的にみても繊細な味付けであり、見た目も美しく味も美味しいとして各国から認められています。和食が繊細な味と言われる秘訣はだしにあるとい言われており、今では様々なだしが販売されています。だしにも、昆布だしやかつおだしなど様々な種類があり、昔は元となる素材から自分でだしをとっていましたが、最近では様々な食材から取れるだしを融合しているだしも販売されているので、簡単にだしを利用することができます。料理が苦手、味付けが苦手という人も、このようなだしを使うことによって一気に料理の味付けを上手くすることができるので、一度利用してみるのが良いでしょう。

まずは基本を抑える

料理をするときにだしを使うにしても、まずは料理の基本を抑えておく必要があります。料理の「さしすせそ」と言われる、砂糖、塩、酢、醤油、味噌の5つも上手く活用しておくと良いでしょう。料理の種類やジャンルによって、だしだけではなにか物足りないという料理も出てきます。できるだけ美味しいと言われる料理にする為にも、これらの調味料の使い方などはチェックしておくことが大切です。また、汁物や麺類、ご飯もの、鍋料理やおかずなど、和食の種類によっても相性の良いとされるだしや調味料は変わってくるので理解しておくことがポイントです。どの調味料を選べばよいかわからないという人は、インターネットの口コミなどをチェックしながら選ぶのも良いでしょう。

新着記事

通販で購入する

ごまの散らされたスープ

だしを購入するときには、インターネット通販を利用するのも1つの方法で、通販では無添加だしなども購入できます。通販サイトの割引を利用することによって、かなりお得に購入することもできます。

More...

特集記事

選ぶときのポイント

泳ぐカツオ

だしを選ぶときには、無添加タイプや国内100パーセントのもの、放射能検査の有無やパックが無漂白かどうかもチェックしておくことが大切です。身体の健康を考えても成分表などは必ずチェックしておくことが大切です。

More...

それぞれの魅力を確認

お揚げの乗ったきつねうどん

だしを利用する場合、市販されているものを購入するケースと手作りで一から作る方法の2種類があります。市販で購入する際にはパックで分けられているタイプを選ぶと料理も時短することができます。

More...